川崎市 借金返済 法律事務所

川崎市在住の方がお金・借金の相談するなら?

借金の督促

借金が多すぎて返済が厳しい…。
多重債務で首が回らないので、債務整理で解決したい…。
もしそう考えているなら、できるだけ早く弁護士や司法書士に相談を。
弁護士や司法書士が探してくれる解決策で、督促がSTOPしたり、月々の返済金額が減ったり、などいろんなメリットを受けられる可能性があります。
最近ではインターネットで無料相談できる法律事務所や法務事務所もたくさんあります。
ここでは、その中で川崎市に対応している、オススメの法務事務所・法律事務所を厳選して紹介しています。
また、川崎市の地元にある他の法務事務所・法律事務所も載せているので、それらも参考にしてください。
借金問題は、一人だけではなかなか解決できません。
司法書士・弁護士の知恵を借りて、解決策を探しましょう!

債務整理・借金の相談を川崎市在住の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

川崎市の借金返済・多重債務解決の相談なら、この事務所がお勧め。
弁護士対応で、しかも全国対応の法律事務所です。
初期費用が0円だから、手持ちがなくても安心です。
費用の支払は、分割払いも可能。
相談料金ももちろん0円!
借金の取り立てをストップするのも可能。
個人再生、過払い金、自己破産、任意整理、など、借金・債務について無料相談できます。。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談受付してくれるので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、債務・借金の問題を相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに合ったやり方で多重債務・借金の問題を解決していきます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻せた過払い金から精算できます。
任意整理においても、和解成功報酬や減額報酬などは一切取らないため、安く解決できます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方でも安心して相談できることでしょう。
まずは気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

川崎市在住の人が借金や債務整理の相談をするなら、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットを使った借金解決のための診断ツール。
とてもカンタンな質問に答えるだけで、どう借金を減らすかの方法や、月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな方にピッタリです。
しかも無料&匿名で利用できます☆
全国対応のサービスなので、川崎市の方も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名&無料で利用できる!
  • 全国対応!
借金・債務の悩み、匿名&無料で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断・相談を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



川崎市近くにある他の法務事務所・法律事務所紹介

川崎市には他にもいくつかの法務事務所・法律事務所があります。参考にしてみてください。


●K&S司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-18 井口ビル1階
044-222-3210
http://ks-shihou.jp

●吉岡司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区砂子1丁目4-2 小島ビル2F
044-221-5485
http://y-shihou.com

●神奈川法務事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目29
044-739-5567
http://kanahoh.co.jp

●小山稀世・小山明子司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-15
044-211-2811
http://koyamaoffice.com

●後迫司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区榎町1-8 ニッコービル 2F
044-233-8763
http://ushirosako-office.com

●関根事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市高津区溝口2丁目14-3
044-844-6400
http://law-japan.com

●司法書士小串事務所
神奈川県川崎市川崎区砂子2丁目8-1 シャンボール川崎砂子702
0120-313-442
http://saimuseiri-ogushi.com

●槙尾三也子司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-19 TKビル 2F
044-233-5103
http://netyou.jp

●司法書士川崎リーガルオフィス
神奈川県川崎市川崎区宮本町2-27
044-201-6836
http://kawasaki-legal.com

●溝淵司法綜合事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市中原区新丸子町915-20 三井生命ビル 6F
044-711-3431
http://mizobuchi.com

川崎市にある地元の法律事務所や法務事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、心理的に相談しやすいのではないでしょうか。

借金返済に川崎市で参っている人

クレジットカードのリボ払いやキャッシング業者などは、非常に高利な利子がつきます。
15%〜20%も利子を払わなければならないのです。
住宅ローンの金利は0.6%〜4%(年)ほど、マイカーローンも年間1.2%〜5%ぐらいですので、すごい差です。
しかも、「出資法」をもとに金利を設定する消費者金融だと、金利が0.29などの高い利子を取っていることもあります。
ものすごく高額な利子を払いながら、借金はどんどん増えていく。
借金を増やしたのは自分の責任なので仕方ないですが、額が多くて高い利子という状態では、なかなか完済は厳しいでしょう。
どうやって返せばいいのか、もうなんの当てもないなら、法律事務所や法務事務所に相談してはいかがでしょう。
司法書士・弁護士なら、借金・お金問題の解決策をきっと見つけてくれるはずです。
長期の返済計画かもしれないですし、過払い金を返してもらって返さなければいけない金額が減るのかもしれません。
まず相談する、解決にはこれが第一歩です。

川崎市/任意整理のデメリットあれこれ|借金返済

借り入れの返却が難しくなったときには一刻も早急に対策していきましょう。
放って置くとより利子は増していきますし、片が付くのはより一層苦しくなるのは間違いありません。
借入の返金が困難になった場合は債務整理がしばしばされるが、任意整理も又しばしば選定される手法の1つです。
任意整理の際は、自己破産のように大切な財産を失う必要が無く借り入れの減額ができるでしょう。
しかも職業若しくは資格の制限も無いのです。
良いところがたくさんあるやり方と言えるのですが、思ったとおりデメリットもありますから、欠点においても今1度考慮していきましょう。
任意整理のハンデとしては、まず初めに借入が全くゼロになるというのではないという事を納得しましょう。
カットをされた借り入れは大体3年程度の期間で完済を目指すので、きちんとした支払のプランを練る必要があるでしょう。
あとは、任意整理は裁判所を通さずに債権者と直接話し合いをすることが可能ですが、法律の知識が無い初心者じゃそつなく折衝が進まない場合もあります。
もっとデメリットとしては、任意整理をした際はそのデータが信用情報に載ってしまう事になるので、言うなればブラックリストというような情況です。
そのため任意整理をしたあとは大体五年から七年程の期間は新たに借り入れを行ったり、ローンカードを造る事はまず出来ないでしょう。

川崎市|自己破産のリスクってどんなもの?/借金返済

率直に言って世間で言われている程自己破産のリスクは多くないです。土地、マイホーム、高価な車等高価な物は処分されるのですが、生きていく上で要るものは処分されないのです。
又二十万円以下の貯蓄も持っていても問題ないです。それと当面の間の数カ月分の生活費100万未満なら持っていかれる事は無いのです。
官報に破産者のリストとして掲載されるがこれもごく僅かな人しか目にしてません。
また世に言うブラックリストに掲載されてしまって7年間程の間ローンまたはキャッシングが使用できない状態になるのですが、これはいたし方無いことです。
あと一定の職に就職出来ないことがあります。けれどこれもごく限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返すことが不可能な借金を抱えこんでるのなら自己破産を実行すると言うのもひとつの手段なのです。自己破産を進めれば今日までの借金が全部ゼロになり、心機一転人生をスタートできるという事で良い点の方が多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として公認会計士や弁護士や税理士や司法書士等の資格は取り消されるのです。私法上の資格制限とし後見人や遺言執行者や保証人にもなれないでしょう。また会社の取締役などにもなれません。しかしながらこれらのリスクはおおよそ関係ないときが多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きな物ではないはずです。

関連ページ