川西市 借金返済 法律事務所

借金や債務の相談を川西市在住の人がするならコチラ!

借金の利子が高い

川西市で借金や多重債務などの悩みを相談する場合、どこがいいのか決めかねているのでは?
どうせ相談するなら、優秀な司法書士や弁護士が相談にのってくれる法務事務所・法律事務所を選びたいもの。
このサイトでは、インターネットで無料相談出来る、お勧めの法務事務所・法律事務所を厳選して紹介しています。
川西市にも対応していますし、相談は無料でできるので安心です。
いきなり直接相談するのは少し不安、と思っている方にもおすすめです。
多重債務・借金返済の問題で困ってるなら、まずは弁護士や司法書士に相談して、解決策を探しましょう!

川西市在住の方が債務整理・借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

川西市の借金返済や多重債務の悩み相談なら、コチラがおススメです。
弁護士対応で、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払いは、分割払いでもOKです。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金の督促をSTOPするのも可能です。
任意整理、過払い金、個人再生、自己破産、など、債務・借金の悩みについて無料で相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談受付することができるので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、借金や過払いの悩みが相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分にピッタリの方法で借金問題を解決に導きます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から精算できます。
任意整理も、減額報酬や和解成功報酬などは一切取らないので、おトクに解決が可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人でも安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

川西市に住んでいる人が借金・債務整理の相談をするなら、まずこのサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、ネット上の診断ツール。
とても簡単な質問に答えるだけで、借金をどうやって減らすかの方法や、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな方にもピッタリです。
しかも無料で、匿名で使えます☆
全国に対応のサービスなので、川西市の人も安心です。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月々の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料・匿名で使える!
  • 全国対応!
借金・債務の悩み、匿名&無料で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の診断と相談を。



弁護士へ相談前の注意



川西市近くにある他の法務事務所や法律事務所を紹介

他にも川西市にはいくつかの司法書士や弁護士の事務所があります。参考にしてください。


●松谷司法書士事務所
兵庫県川西市栄根2丁目2-15サカネビル3F
072-756-7510
http://kabarai-sp.jp

●加藤真人法律事務所
兵庫県川西市中央町8-8
072-767-6062
http://katomasato-lawyers-office.jp

●三宅総合事務所
兵庫県川西市花屋敷1丁目10-3
072-755-0377
http://miyake-office.com

●木村澄夫司法書士・土地家屋調査士事務所
兵庫県川西市小戸1丁目3-11
072-758-0936
http://on.omisenomikata.jp

●河島誠司法書士
兵庫県川西市小戸2丁目6-11
072-757-6124

●北摂中央法律事務所
兵庫県川西市小花1丁目9-1あさのビル2F
072-755-2812
http://hokuchu-law.jp

●司法書士戸越美代子
兵庫県川西市萩原台西1丁目17
072-755-6737
http://sky-sihou.com

●あおい綜合司法書士事務所
兵庫県川西市栄町10-5
072-755-0090
http://isoudan.com

●そよかぜ法務財務事務所
兵庫県川西市栄町5-28SANYUBLDジュエル川西5F
072-776-8088
http://soyokaze-office.jp

●小嶋司法書士事務所
兵庫県川西市小花1丁目7-8
072-759-2858

●スカイ総合法律事務所
兵庫県川西市萩原台西1丁目17
072-755-6710
http://skysougou-law.jp

●ひらの法務事務所
兵庫県川西市平野3丁目2-11平野駅前ビル3階
072-743-1083
http://geocities.jp

川西市にある地元の法律事務所・法務事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ですが、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談の方が、不安なく相談できるという方も多いのではないでしょうか。

川西市に住んでいて借金返済の問題に弱っている方

さまざまな金融業者や人からお金を借りてしまった状態を「多重債務」と呼びます。
あっちからもこっちからも借金して、返済先も借金の額も増えた状態です。
キャッシング会社で限界まで借りたから、今度は別のキャッシング業者でお金を借りる。
クレジットカードのキャッシングやリボ払いをして、クレジットカードをたくさん作ったり。
多重債務の状態までなってしまった方は、たいていはもう借金の返済が難しい状態になってしまいます。
もはや、どうひっくり返っても借金を返済できない、という状態。
ついでに金利も高利。
どうにもならない、どうしようもない、と思ったら、法律事務所や法務事務所に相談するのが最良です。
司法書士や弁護士に相談し、自分の状況を説明し、解決する方法を考えてもらうのです。
お金の問題は、弁護士や司法書士知識を頼るのが最良でしょう。

川西市/債務整理のデメリットって?|借金返済

債務整理にもいろんな進め方があり、任意で消費者金融と話合いをする任意整理と、裁判所を介した法的整理である自己破産若しくは個人再生という類があります。
それではこれ等の手続きについてどの様な債務整理のデメリットがあるのでしょうか。
これ等の三つの手口に同様に言える債務整理デメリットというと、信用情報にそれ等の手続きを進めたことが掲載されるという事です。いわゆるブラックリストというような状況です。
そしたら、おおむね5年〜7年程は、クレジットカードがつくれなかったりまたは借入が出来なくなります。しかし、貴方は返すのに苦しんでこれらの手続きをおこなうわけだから、もうしばらくは借入しないほうが良いのではないでしょうか。じゃローンカード依存に陥っている人は、逆に言えば借入れが不可能になる事によって出来なくなる事によって救済されるのじゃないかと思います。
次に個人再生又は自己破産の債務整理のデメリットですが、官報にこれ等の手続きを行った旨が掲載されるということが上げられます。とはいえ、あなたは官報など視た事が有りますか。むしろ、「官報とはなに?」といった方の方が多数ではないでしょうか。
現に、官報は国がつくるする新聞の様なものですけれど、貸金業者等々の僅かな方しか見てないのです。だから、「破産の実情が周囲の人に広まった」などということはまず絶対にありません。
最後に、破産特有の債務整理の不利な点ですが、1回破産すると七年の間は2度と自己破産できません。これは用心して、二度と自己破産しなくてもよい様にしましょう。

川西市|個人再生手続きは弁護士と司法書士のどちらが良いか/借金返済

個人再生を行う場合には、弁護士と司法書士に頼む事が可能です。
まず、司法書士に個人再生の手続きを頼んだ時は、書類作成代理人として手続きを代わりにやってもらうことができます。
手続をおこなう際には、専門的な書類を作成してから裁判所に提出することになるのですけれども、この手続きを任せることができるから、面倒くさい手続きをする必要が無いのです。
しかし、司法書士の場合は、手続の代行をおこなう事は出来るのですけれども、代理人じゃないので裁判所に出向いた際に本人の代わりに裁判官に受答えが出来ません。
手続きを実行していく中で、裁判官からの質問を受けるとき、自身で答えていかなければならないのです。
一方、弁護士の場合だと、書類の代行手続だけではなく、裁判所に出向いたときには本人にかわり答弁を行ってもらうことが出来ます。
弁護士は、個人再生を初めとする債務整理手続きに慣れている状態になりますから、質問にもスムーズに答えることが出来るし手続きがスムーズにできる様になってきます。
司法書士でも手続を実施することは可能だが、個人再生につきまして面倒を感じないで手続きをしたいときには、弁護士に委ねるほうが安堵する事ができるでしょう。

関連するページ